ビジネスソリューションBusiness Solution

ベニックの強み

GRANDIT導入におけるベニックの強み

「お客様に価値あるITソリューションを提供する」

ベニックソリューションは、川崎重工グループの利用者30,000人を支える情報基盤の構築・運用経験を活かし、システムの導入から運用・保守までのライフサイクルを網羅したトータルソリューションをご提供し、お客様とともに企業価値の向上を目指しています。 またコンソーシアムメンバーとして、お客様の要望を収集・機能強化を継続的に行なうことにより、さらなる業務改善を目的としたGRANDITをご提供しています。

ベニックソリューションは多彩な顔を持っており
あらゆる面からお客様をサポートすることが可能です

リアルフィールドで培ってきた経験をもとに、
価値あるソリューションをお客様にご提供します。

「プライムパートナー」のべニック

プライムパートナーとしての取り組み

ベニックソリューションは、GRANDIT開発当初からコンソーシアムメンバーのプライムパートナーとして参画しており、豊富な開発実績とノウハウがあります。

【GRANDITコンソーシアムとは】
各業種を代表するユーザ系システム企業を中核に、14社のプライムパートナーおよび50社以上のビジネスパートナーで構成されています。
各社に蓄積されている業務ノウハウを集大成し、顧客視点の製品を協同開発を行いGRANDITを開発しました。
製品完成後も毎月行われる部会にてお客様のニーズをGRANDIT社に情報連携し、機能強化に反映させています。

受賞履歴

  • GRANDIT Business Partner of the Year 2005 受賞
  • GRANDIT Project of the Year 2008 受賞
  • GRANDIT Technological Contribution of the Year 2011 受賞
  • GRANDIT Technological Contribution of the Year 2012 受賞
  • GRANDIT Consortium Contribution of the Year 2014 受賞
  • GRANDIT Solution of the Year 2015 受賞

「メーカー」のベニック

GRANDIT開発プロジェクトに初期から参画

各コンソーシアムメンバーのノウハウを集大成して、GRANDITは開発されました。
ベニックソリューションは開発初期から携わっており、多くの知識・技術を蓄積しています。
現在ではベニックソリューション100%出資の子会社であるKDC(川崎重工(大連)科技開発有限公司)を活用し、GRANDIT製品の開発・保守を実施しています。

「KDCのご紹介」はこちらをご覧ください

「SIer」のベニック

数多くの導入実績に裏付けされた豊富な業務ノウハウ

ベニックソリューションには、川崎重工業のグループ会社へGRANDITを導入した実績があります。
GRANDIT標準機能には手を加えず、グループ全体共通の商習慣を、グループ全社標準機能として、アドオン提供しています。 業種ごとに異なる業務の場合は、業種別の共通機能として、アドオン提供しています。
法改正や事業再編などの環境変化にも継続した対応を実施しています。

現在ではその経験を生かし、製造業を始めとして、数多くの企業へGRANDITの導入支援を行っています。
各種データ活用ソリューションとの連携も展開もしており、お客様のご要望に合わせ、GRANDITをより有効活用することが可能です。

「導入・開発事例」はこちらをご覧ください

また国内だけでなくオフショア開発も行なっており、ボリュームのある開発でも対応可能です。
開発の一部をベニックソリューション100%出資の子会社であるKDC(川崎重工(大連)科技開発有限公司)に委託しています。

個別原価管理アドオンモジュールを開発

工事進行基準に対応した個別原価管理アドオンモジュールをご用意しています。

「個別原価管理アドオンモジュール」はこちらをご覧ください

「サービスプロバイダー」のベニック

充実したシステム運用支援サービスのご提供

ベニックソリューションはデータセンターを保有しており、運用受託が可能です。
川崎重工業及びグループ会社での運用経験に基づいた高品質なサービスを提供しています。

IT運用・保守は年々複雑化しており、専門的かつ高度な技術・スキルが求められます。
ベニックソリューションではお客様の運用部門として、プロアクティブな運用支援が可能です。
ぜひベニックソリューションで、アウトソーシングしてみませんか?

「運用アウトソーシング・サービス詳細」はこちらをご覧ください

オールインワンによる保守体制

ベニックソリューションでは、「お客様からの問合せ~障害切り分け~ベンダーへの問合せ~お客様へのご回答」、「保守業務取り纏め」を含めたオールインワンによる保守を行なっています。 お客様からの問合せをヘルプデスクで一本化し、効率的な連携も図っています。 また経験豊富な技術者を配置し、強力な保守体制を築いています。

「情シス部門」「ユーザー」のベニック

事業横断的なITガバナンスの実践

ベニックソリューションは、川崎重工業グループの本社IT部門が独立して設立されました。
本社IT部門での経験を活かし、消費税対応などの法改正やファクタリング対応、カフェテリアプラン対応といったグループ制度改正対応時には本社情報システム部と協力し、ITガバナンスを担ってきました。

法改正対応例(マイナンバー制度)

マイナンバー制度対応時には、業務面・システム面での運用方針について、本社関連部門やグループ企業様と情報連携することで検討し、運用方針の決定、説明会実施による周知を行ないました。
制度開始まで時間が限られていましたが、問題なく準備と対策を講じることができました。
これらITガバナンスにおける経験に基づいた高品質なサポート、業務改善をご提案可能です。

ページトップへ