CASE STUDY

導入事例

  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. ウイングアーク1st様

businessウイングアーク1st株式会社 様

GRANDITをベースにクラウドサービスを融合させた
新たな情報活用基盤を構築

導入企業プロフィール(導入当時)

  • 所在地東京都渋谷区
  • 業種帳票・BIに関する製品・サービスの開発・販売
  • 資本金2億円
  • 従業員数連結520人/単体416人
  • 売上高連結142億8,300万円/単体120億5,800万円

導入モジュール

  • 販売、調達・在庫、債権、債務、経理、資産

お客様が情報資産を活用するためのソフトウェアおよびソリューションを提供し、ビジネスの成功を支援。蓄積された技術力を融合し、お客様の価値を高める情報活用の実現を生業とされているウイングアーク1st株式会社様。
新しい技術や自社製品を積極的に利用した取り組みのチャレンジとして、GRANDITをベースとした基幹システムの刷新に取り組んだ際のお話を伺いました。

抱える課題と解決に向けて

お客様の情報資産活用をよりご支援するために

お客様の情報活用を支援するためには、まずウイングアーク1st自身が高いレベルでそれを実現する必要がありました。しかし、ウイングアーク1stの既存の基幹システムは複数のシステムで構成していましたが、システム間でコードの統一化ができていないなど、情報を容易に活用できる仕組みが整備されていませんでした。抱えていた課題としては、

  • 顧客対応履歴が部門横断的に参照できない
  • 販売情報の分析が容易に行えない
  • 事業別、製品別の収支分析が容易に行えない

などがあがっており、これらの問題を解決するために、基幹システムの見直しを含めたBPRプロジェクトがスタートしました。

基幹システム刷新のポイントとしては、ERPに蓄積された販売データを自社製品の情報活用ツールで徹底的に活用、情報活用によるERP投資のROI最大化を目指すことを前提としていました。その前提を踏まえた上で、ITと業務の両面で「あるべき姿」を議論し、経営情報の可視化による「営業戦略的なデータ活用」、データのタイムリーな活用による「営業活動の効率化」、ワークフローや業務プロセスの最適化による「業務処理統制」を目指すことになりました。
基幹システムのベースとなるERPの選定基準は3つあり、費用、内部統制、ウイングアーク1st製品の活用です。また、ウイングアーク1stで扱う製品・サービスの品目数は非常に多く、販売形態も複雑なので、周辺システムとの連携機能は必要不可欠とも考えていました。そのなかでGRANDITなら、周辺システムとの連携を含めて全体として要件を満たせると判断しました。
GRANDITの導入パートナーについては、数あるベンダーの中でも、発足当初からのコンソーシアムメンバーであり、ウイングアーク1st製品をプロジェクトで活用した実績、かつ情報活用への理解の観点からベニックソリューションを選定しました。

導入後の効果

GRANDITをベースにした基幹システムにより情報活用のレベルは格段に上がりました。営業部門を例にとると、名刺情報やSFAなどで管理される顧客情報は、販売履歴や保守契約といった基幹システムのデータと統合され、顧客マルチレポートとして参照できるようになり、顧客軸の可視性が大幅に高まりました。さらに、ホワイトスペース分析も簡単になりました。お客様の企業グループの中で、当社製品が導入されている企業、未導入の企業が一目で分かるようになりました。営業担当者にとって、新規開拓のターゲットを探しやすくなっています。
また、会計につながる情報を管理する販売・会計業務はできる限りGRANDITの業務プロセスに合わせるという方針を示したことで内部統制の強化を図ることもできました。

INTERVIEW

ご担当者へのインタビュー

ウイングアーク 1st 株式会社
ご担当者: 荒井 様

一般的に、手戻りを最小化してプロジェクトをスムーズに進めるためには「何をシステムに実装するのか、しないのか」「従来の業務プロセスを変えるかどうか」などを決める要件定義のフェーズが非常に重要となります。 本プロジェクトの場合、「会計につながる情報を管理する販売・会計業務はできるだけGRANDITに合わせる」という方針を示した上で、ベニックソリューションの担当者支援のもと、GRANDITのユーザーとなるバックオフィス業務に携わるユーザー部門やプロジェクトメンバーと、検討事項があればすぐに話し合い、意見集約することで具体的な要件を詰めていきました。それがGRANDITの業務プロセスに合わせるということに対してスムーズな理解が得られる結果に繋がり、順調にプロジェクトを終えて、情報を活用できる基盤が構築できたと実感しております。

OTHER CASE

他の導入事例

  • business川崎重工グループ
    GRANDITを用いてグループ関連会社向けにクラウドサービスを展開
  • businessゼロ 様
    グループでの業務標準化を目指し、本社で導入した基幹システムをグループ会社5社に横展開

メールでのお問い合わせはこちら

GRANDITやベニックのサービス・製品に関するお問い合わせはこちらから。

資料ダウンロードはこちら

ERPやGRANDITについて情報収集、ご検討の方へ各種資料をご用意しています。
expand_less